プレゼントイメージ

ホワイトデーに、結婚してはじめて、花束と豪華なホールのケーキをもらいました

私の夫は誕生日以外の記念日にうといというか、結婚記念日、クリスマス、ホワイトデー、バレンタインデーは我が家では無関係という人です。
だから、クリスマスのプレゼント交換をした事も無ければ、ホワイトデーのお返しを貰った事もありません。
ですが、私は毎年バレンタインデーのチョコレートは欠かさずにあげていて、お返しは無しという感じでした。
他のママ友達は、ホワイトデーに旦那様からスカーフやバッグやアクセサリーをもらっていて、羨ましいなと思いましたが、ウチはウチと我慢していました。
今年もバレンタインデーにチョコレートをプレゼントして、娘と「パパいつもありがとう。」と書いたメッセージカードを付けました。
さて今年もバレンタインデー終わったな、と思い、お返しは全くあてにしていませんでした。
ホワイトデー当日も全く何の日だか忘れていたほどです。
さて当日の夜、まず私が驚いたのは、帰って来た夫が大きな花束を抱えていた事です。
会社で誰か定年か何かで辞める人がいて、その人が持って帰れないから夫にくれたのかと思いました。
すると、「ママ、ごめんね今までお返しもしないで。」と言って、私に渡してくれたのです。
その時はじめて今日が何の日か思い出しました。
私があわあわしていると、大きな紙袋も差し出してくれました。
「ママ、いつも、ケーキをホールで食べてみたいって言ってたじゃない。」と言いながらです。
私は、どういう風の吹きまわしなのかと思い、ぽかーんとしてしまいました。
しかもホールのケーキは私専用ので、娘の分は別に買ってありました。
娘に、「あれはママのだから、全部食べさせてあげなさいよ。」と念押しもしていました。
何故急に・・と思い、聞いてみると、飲み会の時に職場の同僚や女性達に随分「ひどい。」「奥さんが可哀想。」と散々言われたそうです。
そこで、「今度のホワイトデーから必ず奥さんにお返しをします。」と誓ってきたそうです。
思わぬプレゼントに驚きながらも、職場の人達が私の味方をしてくれた事が、「ほらねーっ。」と嬉しくてたまりませんでした。
夫も「いままでごめん。」と謝ってくれたし、全く期待していなかっただけになんだかほくほくの一日でした。
私を含め、やっぱり女性は花と甘いものに弱いのです。
世間の旦那様方、忘れたりしないで、奥様にちゃんとお返しをして欲しいです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.