プレゼントイメージ

いただいた引き出物について

私は、去年友人Aの結婚式に招待されました。
その友人とは高校の同級生でした。
招待してくれた彼女と私ともう一人の友人Bはとても仲が良かったのを覚えています。
Aは面倒見が良く、頭も良い子でした。
また、Bはちゃっかりしていて、だれからも愛される子でした。
テストが近くなると、その子の家に泊まりがけで勉強しに行ったものです。
3人も女の子が集まるとおしゃべりばかりでしたが良い思い出です。
しかし、高校を卒業し、しだいに連絡もとることが少なくなりました。
私とAは他県の大学に入学し、Bは地元の大学に入学しました。
そして大学を卒業し、就職する前に一度3人で集まろうということになったのです。
その時は、就職活動が大変だったこと、好きな人の事、将来のことなど積もり積もった話をしました。
とても楽しく、高校時代とあまり変わっていない2人をみて私はほっとしました。
3人でずっと友達でいよう、また集まろうと約束したのです。
そして、それから数年、あの大震災がやってきました。
私も震災しましたが、友人2人も震災の地域だったので心配でした。
携帯がつながらない為、なかなか連絡もとれません。
そして、しばらくたった頃、Aから連絡がありました。
そのメールには自分は無事なこと、Bが亡くなったことが書かれていました。
私は驚きとショックで目の前が真っ暗になりました。
聞くと、お店のお客様を最後まで避難誘導し、津波に巻き込まれたそうです。
後日、Bのお葬式に2人で出席しました。
正直実感がわいていなかった私は初めて亡くなったのだと実感しました。
Aとはその時以来です。
結婚と聞いて自分のように嬉しかったです。
結婚式当日、私の席の隣は空席でした。
そこには、亡くなったBの席札が置かれていました。
私は涙がとまりませんでした。
結婚式が温かいもので、Aが幸せなのも見れて良かったです。
帰ってから引き出物の袋を開けてみると、メッセージが入っていました。
そこには、高校時代の3人の思い出が書かれていました。
涙をこらえて読み終え、引き出物をあけると、3人の思い出の品が入っていました。
それを見たとき、こらえていた涙があふれてきました。
きっとBもAの事を天国で祝福していると思います。
Aには心からのおめでとうと幸せを願っています。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.