プレゼントイメージ

結婚してからのバレンタインデー

バレンタインデーと言えば恋人たちのイベント、とは言い切れません。
最近は友チョコというものもあり、皆それぞれにこのイベントを楽しんでいます。
私達は結婚してすでに何年も経っているので、ドキドキとかときめきとかそういう単語とは無縁ですが、工夫して毎年バレンタインを楽しむようにしています。
去年は夫にとってチャレンジの年でした。
学生時代に柔道部で汗を流してきた夫ですが、就職してからは忙しくなかなか稽古できていませんでした。
ですが3段の昇段チャンスが巡ってきたのです。
結果、バレンタインの数日前に見事昇段することができました。
本人もとても喜んでいましたのでここでせっかくだからなにかしたいなと思いました。
いつもは手が出しにくい高級ショコラティエの限定バージョンなども考えたのですが、せっかくなら…と手作りすることにしました。
お菓子作りが得意と言うわけでは無いので、土台は簡単なチョコレートケーキに、そしてデコレーションで工夫することにしました。
と言っても難しいことをするわけではありません。
堂々と「祝 柔道三段」と書き、周囲はイチゴやマンゴーなど夫の好きなフルーツで飾るだけです。
それを夕食の後に出して、一緒に軽くお祝いしました。
おしゃれさは有りませんがお祝いの気持ちは伝わったみたいで、とても喜んで何枚も写真を撮っていました。
後日友人などに見せびらかしたそうです。
他人に見られるのは恥ずかしいけど、それだけ夫が喜んでくれたと言うことでとても嬉しかったです。
チョコペンは100円から200円と安く、比較的簡単に使えるアイテムなのでとてもおすすめです。
柔道など漢字を書くのはなかなか難しかったですが、頑張った甲斐がありました。
チョコペンでダイレクトにメッセージを書くというのはこの後も時々使っている方法です。
雰囲気重視するなら向きませんが、家庭内などでほんわかしたムードの中なら面白さもあって結構好評です。
友チョコなどでもこうしたメッセージ付きチョコをやりとりすることがあるみたいですから、おすすめの方法と言えます。
夫は今仕事で使う資格の取得に向けて勉強中です。
バレンタインデーの後に試験なので、今度はがんばれと書こうかなと考えています。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.