プレゼントイメージ

1日遅れのバレンタインデー

好きな男の子にバレンタインデーにチョコレートを渡した事が1度だけあります。
普段は積極的に見えても、自分から告白するなんてことは考えられない自分でした。
でも、高校3年生の2月14日は本当に最後のチャンス。
ダメだったとしても、すぐに卒業してしまうのだから、良い思い出になるだけ・・。
勇気を出してチョコレートとプレゼントを購入したのでした。
でも、勇気があったのはそこまででした。
バレンタインデー前日になると、手渡しするなんて考えるだけで、やっぱり無理・・となってしまったのです。
バレンタインデー当日になると、せっかく買ったチョコレートとプレゼントは家に置いて登校しました。
いつも通りの電車に、いつも通りの女友達との通学。
いつも通りの1日。
いつもと違ったのはその日の放課後、同じクラスの憧れの彼は電話が入っていると校内放送で職員室に呼び出され、そのまま帰宅。
私のバレンタインデーはあっけなく終わってしまったのでした。
ところがその日の夜、女友達からかかってきた電話は驚きの内容でした。
なんと、放課後、彼が職員室に呼び出された電話は、朝の通学電車が一緒の女友達がかけたというのです。
そして、彼の下車駅である隣町で待ち合わせ、私からだと言ってチョコレートを渡した・・と。
あまりな驚きに「なんで勝手なことをするの」とケンカになってしまいました。
翌日、彼とどんな顔をして会えばいいのか、本当に悩みました。
でも、そこまでされて自分自身、開き直れたのも事実。
彼女が勝手に渡したチョコレートでなく、自分が準備したチョコレートとプレゼントを自分の手で渡さないと気が済まなくなっていたのです。
翌日は、彼の方から「お前の友達ちょっと変わってるな~」と話しかけてくれ、その流れで自然に「これが本当の私からのチョコレートだから」と手渡せたのです。
彼女の突拍子もない行動に彼も心底ビックリしたらしく、二人で大笑い。
告白というドキドキワクワクのロマンチックな雰囲気にはならなかったけど、一気に親しく話せる間柄に。
そんなわけだから彼女とのケンカも長続きせず許してしまいました。
彼女に言わせると「あんなに準備していたのに当日になって無理なんて言うあんたが悪い」って事らしいですけど。
恋は成就しなかったけれど、チョコレートを手渡せた唯一のバレンタインの思い出です。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.