プレゼントイメージ

バレンタインデーの思い出

バレンタインデーは、日本では女性から意中の男性にチョコレートなどを贈る日です。
私も小さい頃は、女子生徒がチョコレートを持ってきて、意中の男子生徒に渡している様子を見ていたため、私もチョコレートが欲しいなと思っていました。
しかし、成人を迎えてからはバレンタインデーはチョコレートなどを女性から受け取るだけの日ではないと感じるようになっていきました。
次第に、意中の女性に私の方から何かプレゼントを挙げたいと考えるようになっていったのです。
そう考えるようになっていってから数年が経ったあるバレンタインデーの日に、私は意中にあった女性にプレゼントを渡すことにしました。
告白をする上でも良い機会となると考えたからです。
まずはプレゼントをするにあたり、どのような物を贈れば良いかを考えました。
あまりにも高価な物を贈ってしまうと、相手にも気を遣わせてしまうため、テディベアと香水がセットになったプレゼントを用意しました。
香水は人によって好みが分かれるため、普段彼女が使用している香水と近いものを選びました。
そしてバレンタインデーの当日、仕事が終わってから彼女と会う約束を交わしておいたため、仕事を終えてすぐに待ち合わせの場所へ向かいました。
予約しておいたレストランで食事をしたあと、帰り道に公園に寄り、少しの雑談を交えた後、思い切ってプレゼントを渡しました。
彼女はいきなりプレゼントを渡されたため、少し驚いていたように感じました。
プレゼントを渡した後、改めて告白をしました。
すると、彼女も私に手作りのクッキーをプレゼントしてくれました。
元々彼女の方も私にプレゼントを渡すつもりで、会う約束を交わしてくれたようです。
そして、彼女の方も私に好意を寄せていてくれたらしく、告白を受けとめてもらうことができました。
後日聞いた話では、好意を寄せていた相手に、まさかバレンタインデーに逆に告白されるとは思いもよらず、非常に驚いたとのことでした。
女性から意中の男性に想いを伝える日でもあったため、元々は彼女の方から私に告白をしようと考えていてくれたらしいのですが、両想いであったということを知って感激だったそうです。
晴れて付き合うことができるようになれたため、私にとっても最高の日となりました。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.