プレゼントイメージ

バレンタインデーの思い出

学生のころはバレンタインデーにチョコレートを贈る相手というと付き合っている男性だけでしたが、社会に出るとそうはいきません。
お世話になった相手全員に送らなければいけなくなるので非常に数が多くなります。
一人の相手に送る場合であれば手作りできますが、大人数になるとそうはいきません。
また手作りでは抵抗があるというひとも多いので、社会に出てからのバレンタインデーにはチョコレートを購入するようになりました。
わたしがはじめてバレンタインデーにチョコレートを贈った記憶というと小学校高学年です。
その当時話したこともない同じ小学校の男の子を好きになりチョコレートを贈りたいと思ったのです。
そこでわたしは母親に頼み一緒にチョコレートを作りました。
男性関係にうるさい母親でしたが、あのころは応援してくれていたのです。
簡単に作る事ができるチョコフレークを作りました。
チョコレートを溶かしてコーンフレークを混ぜるだけなので料理初心者でも簡単に作る事ができます。
その作ったチョコレートを可愛くラッピングして相手の郵便受けに入れました。
恥ずかしくて名前も書かずに入れたので相手は非常に困ったと思います。
その当時は何も思いませんでしたが、今考えるとおかしなことをしたと感じています。
相手が食べてくれたのかどうかもわかりませんが、その時のわたしは満足感でいっぱいでした。
今では娘と一緒にチョコレートを作る母親になりました。
娘は幼稚園の年長ですが、すでに女性です。
好きな男の子がちゃんといて恥ずかしそうにバレンタインデーにはチョコレートを渡します。
自分が小さかったころの記憶と共に娘とチョコレートを作る時間が非常に楽しいです。
バレンタインデーのチョコレートは値段ではありませんが、高価なチョコレートは満足感と感動があります。
非常に凝ったチョコレートが多く自分に贈りたいという気持ちになります。
わたしが今までに出会ったチョコレートで一番感動したのは、バラのチョコレートです。
バラの花びらが一枚一枚きちんと作られていて繊細なのです。
大量に購入したときに自分にもひとつ買いました。
バラのチョコレートを贈った相手の顔を見るのも楽しい時間です。
男性はそのようなものを自分で買うことがないので、驚いた顔を見るのが非常に楽しかったです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.