プレゼントイメージ

私のバレンタインデーの思い出

初めて私がバレンタインデーに男性にプレゼントしたのは中学3年生の時でした。
贈った相手とは小中通して同じ学校だったにも関わらず、同じクラスになった事が無かったため顔見知り程度であまり面識はなかったのですが、その年に初めて同じクラスになりました。
話してみると会話も弾み気が合うなと感じたし、何かとちょっかいを出してくるので周りからも好きなのではとよく言われました。
そう言われると変に意識してしまい顔も合わせにくいと感じた事もありましたが、たった一年間しか一緒にいられないし卒業してしまうと高校は別々になるからこの瞬間は今しか感じられないと思い、できるかぎり毎日おしゃべりしていました。
卒業間近になると女の子の一大イベントであるバレンタインが近付いてきた時、いつも一緒にいる友達の1人がその子にプレゼントをあげたらと提案しました。
私はこの時とても驚きました。
それは自分が男の子に対して好意を持っているという意識が無かったし、友達がそんな提案をしてくるなんて夢にも思わなかったからです。
それから悩みました。
バレンタインデーに渡せば今までの良好な関係が崩れてしまうのではないか、そもそも自分は好意を持っているのかとすごく悩みましたが、渡す決心をします。
でも直接渡すのは勇気が要ったので、男の子の机の中に入れる事にしたのです。
前日にクッキーを焼き準備万端に臨んだバレンタインデー当日は少し早めに登校して机の奥にこっそりクッキーを入れました。
そして登校した相手の男の子は机の中にいつもと違う違和感を感じた様で友達を呼び、はしゃいでいる様に見えました。
私はメッセージや名前も書かずにクッキーを忍ばせたので誰からの贈り物かは本人は知りません。
しかし遠くから見た様子で喜んでくれている様に見えたので良かったと思っています。
高校生になった時に私は改めてその男の子が好きだったんだと気づかされました。
いつも思うのはその子の事ばかりで他の子を好きになれなかったのです。
あの時勇気を持って告白していれば違う未来もあったかもしれませんが、あの時の私には勇気が無かったのです。
でもいつもおしゃべりしてくれてありがとう、と言う感謝の気持ちを込めて贈ったプレゼントでもあるので、気持ちを込めた物を喜んで受け取ってくれたのはとても嬉しかったです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.