プレゼントイメージ

プロポーズをうけたこと

私がプロポーズを受けたのは彼が33歳になったときでした。
ふたりとも結婚するきはあったのですが、なかなか先に進まないでいました。
彼から前ふりをうけることがあっても、実際実行にうつされないままでした。
いよいよかと思っていたとき、旅行に誘われました。
彼の誕生日旅行でした。
私は期待半分旅行に行きました。
行先は伊勢です。
伊勢神宮を参拝して、おいしい海の幸を食べました。
誕生日の前日の夜、ふたりでそわそわしていました。
お腹が空いていたので、ごはんも早く食べ終わってしまい、12時までなかなか時間がすすまない。
お酒も飲んでいたので、彼は、横になったりしていました。
そして運命の誕生日になったとき、彼からプロポーズをうけました。
結婚しようと、ストレートでわかりやすい言葉でした。
その夜はふたりとも興奮していて、夜寝つけずにいました。
翌日夫婦になった記念に、夫婦岩を見に行きました。
海の中でそびえたつ姿は、凛としていてかっこよかったです。
帰り、二人で睡眠不足のなか、寝不足で限界がきたのか、サービスエリアで仮眠をとりました。
そんなことは初めてのことです、数分間熟睡しました。
起きた後、ふたりで目を合わせて笑いました。
なぜプロポーズの場所を伊勢にしたかというと、旅行好きな彼は、近場なら何度も行けることができるので選んだそうです。
伊勢神宮も縁起があってよいし、年齢を重ねても行くことができるからです。
これから毎年行こうといっていました。
彼の考え方に少し感動しました。
毎年記念の旅行にいくことができるなんて嬉しいです。
海の幸も彼が好きなので、旅館では海の幸をたくさん食べることができました。
現地のものはやはり味が違います。
温泉もよくて、非常によい旅になりました。
毎年彼の誕生日はプロポーズ記念日です、当時のことを思い出します。
あれからバタバタしながら結婚式を迎え、新居に住み、今に至ります。
手が込んだプロポーズを考えたりしたそうですが、シンプルなものにして、自然な感じにしたかったそうです。
でも、そのときに彼の真っ赤な顔を思い出すと、ほっこりした気持ちになります。
真心が伝わってくるようでした。
覚悟をきめた芯の強い印象もうけました。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.