プレゼントイメージ

彼が記念日にプロポーズしてくれた

彼氏と交際して四年が経っていました。
両親が離婚していることもあり、自分の結婚にはとても慎重になっていたのですが、交際してかなりの年月が経っていたり、お互いがお互いの両親に会っているということもあり、この人ならば結婚しても大丈夫だと思っていました。
彼は年上で、まわりは結婚している人ばかりになってきていることもあり、いつプロポーズされるのだろうと心待ちにしている中、いつまで待ってもプロポーズをしてもらうことができませんでした。
仕事をもっと楽しみたいのか、それとも自分に結婚したいだけの魅力がないのかと思い悩んでいましたが、いつまで経ってもプロポーズの話は彼からは出ませんでした。
しかし、仲は相変わらず良い状態でした。
そのうち、自分の誕生日が近づいてきて、平日でしたが有休を取って、二人で旅行しようということになりました。
いつもは二人で旅行先や宿泊地を決めていましたが、今回は任せてほしいと彼に言われ、そのようにしました。
いざ誕生日当日になると、彼が迎えに来てくれて、車に乗せられました。
数時間高速を走っていると、そのうち、初めて彼と二人で行った旅館に到着しました。
宿泊する部屋も、以前宿泊した部屋と同じでした。
そこで、プロポーズしてもらうことができました。
初めて一緒に行った場所で、プロポーズしたかったので日を選んだのだと後から聞きました。
さらに、いつの間にか自分がとても好きなタイプの指輪を、婚約指輪として用意してくれていました。
あまり多くは語ったことはありませんでしたが、自分が指輪を作るならここにしたい、というお店で購入してくれていました。
普段はアクセサリーのサイズなど、まるで無頓着な人でしたが、不思議と私の指にぴったりと指輪はおさまりました。
その翌日から、今まで行った場所の中で、とても思い出に残っている場所へもたくさん連れていってくれました。
中には喧嘩した場所もありましたが、改めて行くことで、楽しい記憶に上塗りすることができて、とてもうれしかったです。
帰り道、そのまま自分の実家へ彼は寄ってくれて、結婚したい旨を両親へ伝えてくれました。
あらかじめ約束は取ってあったと知り、とてもうれしく思いました。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.