プレゼントイメージ

サプライズでプロポーズ

私はサプライズ事業という少し変わったお仕事をしています。
誕生日や結婚記念日、結婚式、プロポーズのときのサプライズのお手伝いをしています。
今回はプロポーズのお話です。
いつも彼女に助けてもらってばかりいて、たくさん泣かせてしまったから嬉し泣きさせてあげたい。
だからサプライズで驚かせたいというご相談でした。
私たちがしたことは、とある居酒屋の目の前の自販機を全て売り切れにし、一つだけ水を買える状態にすることです。
自販機の会社の人にお願いをし、ある時間だけ飲み物を抜いてもらい、他の人が間違って買わないように見張りました。
彼氏さんは緊張した様子で待ち合わせ場所に現れました。
そして、彼女さんと仲良く居酒屋へ入っていきました。
数分してから自販機の会社の人が来てくれ、自販機の中身を外してくれました。
そこから私たちは二人が現れるまで絶対誰も買わないように見守りました。
数時間後、予定通り彼女さんだけが現れ、その自販機で水を購入しました。
その水の入っているはずのものを彼女さんは、見つめていました。
私たちも緊張してきました。
そう、それはペットボトルではなく指輪の入った箱なのです。
彼女さんはイタズラか何かかと思ったのか、箱の中を開けようとはしませんでした。
その後、彼氏さんがお店から出てきて「ちゃんと箱出てきた。開けてよ」と話しました。
彼女さんはようやく状況が飲み込めたようで泣きながら箱を開けていました。
そこで彼氏さんは「いつも泣かせてごめんね。結婚してくれる」と聞いたそうです。
私たちが見ていた場所では会話はもちろん聞こえていません。
後日お二人から聞いた会話の内容です。
しかし、会話の内容を聞かなくても結果が分かっていました。
彼女さんが泣きながら抱きついていたからです。
居酒屋を出る前に、彼氏さんが「今日は酔い過ぎたみたいだから、お会計しとくから外の自販機で水買ってきてくれる」と彼女さんに頼み、彼女さんは全て売り切れで一つだけ残っていた水を購入したはずなのに箱が出てきて驚き、お店の人に言って良いものなのか、それとも自販機の会社の人に電話するべきなのかを迷ってしまっていたんだそうです。
しかし、サプライズは大成功。
他人である私たちも二人の様子を見ていて、ほっこりし、結婚したいなと思った日でした。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.