プレゼントイメージ

テレ屋さんな彼からのプロポーズ

今の彼と交際するようになって7年がたちます。
きっかけは今では珍しくもなくなったインターネットでした。
日本に留学に来るので友達を作りたいということでした。
後に彼に聞いたところによるとかなり友達になりたいという方はたくさん応募してきたらしかったです。
ほとんどは女性だったそうで、私もそういう風に友達募集をした時には男性の応募者が多かったのでわかる気がしました。
そういう出会いがあり、時間があれば彼と話をするという日々が続きました。
多い時ではメールが往復で70通もあった時もありました。
家庭環境が似ていたこともあって、彼とはあっという間に仲良くなり、出会ってから1か月後には恋人として交際するようになりました。
彼は外国人ですが、一般的な外国人のイメージにあるように毎日愛してるというタイプではありません。
彼と私の関係では私がよく愛してると言葉に出し、彼はそれに対して僕も愛しているよと返事を返すというのが普通なのです。
もちろん外国人らしく、恋人のことを褒めるということはしてくれますが、愛情表現や感情表現に関しては彼は不器用な気がします。
ですからケンカもよくしました。
そんなある日、彼から話があると言われました。
改まって言われたので何があったのかと緊張して彼の言葉を待ちました。
すると彼の口からは感謝の言葉が出てきました。
私が彼に対して誠実で優しいことやいつも彼を大切にしていることに対して感謝をしているということをゆっくりとした話し方で伝えてくれました。
それからこれも大切なことだと思ったのか、私の外見に関しても褒めてくれました。
いきなりだった上、彼は普段そういうことを口に出すタイプではないのでとても驚きましたし、嬉しかったです。
そして最後に言われたのがプロポーズでした。
長いおつきあいをしていたのでずっとその言葉を待ち望んでいましたが、実際にされると言葉になりませんでした。
彼はとても静かにその言葉をつむぎました。
どんな顔をしているのかと背が高い彼の顔を覗き込んでみると、なんと真っ赤でした。
淡々と言っているように感じていましたが、テレ屋な彼がここまで言うのに実は勇気を振り絞っていたのだということがそこでわかりました。
私の返事はもちろんOKでした。
テレ屋な彼と甘えたがりな私は意外とぴったりな組み合わせじゃないかと思います。
これからも今まで以上にお互いを思いやって生きていきたいと思いました。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.