プレゼントイメージ

私26年前のプロポーズ体験

私は今年で結婚26年目の者です。
当時の私は世間で言うシャイボーイで、自分に自信を持てず毎日おどおどしたりしていました。
その当時の彼女は、とてもまじめな性格で、中学校では生徒会長をやっていそうな雰囲気の女性でした。
今になって思うと何で付き合うことになったのか良く分からないです。
当時22歳の私はとある工場で働いており彼女はその会社の事務を行っていました。
二人とも同い年で会社の冷やかしなどがあり付き合うようになったと思います。
女性経験などあるはずもなく、彼女いない暦22年でした。
初めてデートを行ったときのことは、恥ずかしいことだけしか覚えていないくらいです。
付き合い始めてから3年目に私は少しだけ昇進し、そろそろ結婚しても大丈夫かもと考えていました。
最近結婚した同僚に、相談すると思い立ったときに実行しないととアドバイスをもらいました。
色々な方にアドバイスを頂き彼女にプロポーズをすることにしました。
彼女にデートの約束をしてその日に言うつもりだったのですがプロポーズできませんでした。
プロポーズするぞと決め手から1年ほどたってしまいプロポーズできない自分が本当に情けなかったです。
覚えている限りでは5回ほどデートにいった気がします。
いざ、言おうと誘うのですがなかなか言い出せませんでした。
しかしそんなある日に会社の飲み会があり、上司や同僚が気を利かしてくれて開いてくれました。
私は気がついていませんでしたが、今になって思うと場を盛り上げるために普段まじめな上司がやらないようなことをやったり色々してくれました。
最後には彼女と二人きりになって、お酒の勢いもありましたが、1年と少し遅れましたが無事、自分の気持ちを伝えることができました。
当時の私は本当に情けないことをしていたと思います。
自分の気持ちも伝えることができなかったのですから。
しかし言ったあとはとてもすっきりしましたし、彼女もやっと言ってくれたみたいなことを言っていたように思います。
結婚式も会社の方がしっかりと盛り上げてくれて大成功だったと思います。
本当に感謝しています。
これを読んでいる方でこれからプロポーズを考えている方にアドバイスですが自分に自信をもって相手に気持ちを伝えれば、必ず相手に伝わると思います。
がんばって伝えてみてください。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.