プレゼントイメージ

職場の人の送別会であげたプレゼント

職場で送別会がありました。
一緒に働いていた人が辞めることになったのですが、家庭の事情で辞めることになったのです。
1か月前には辞めたいという報告があったのですが、なので今回、送別会をすることになったのです。
先日、職場の人間全員で開いた送別会があったのですが、その場でプレゼントを用意しなければいけないことになったので職場にいる人たちからということで買ったプレゼントを渡すことにしたのです。
私もお金は出したのですが、選んだのは違う人です。
代表して職場の人が買ってきてくれたのですが、気持ちもこもっていてもらっても場所をとらないようなものが良かったのです。
靴下と靴をあげることにしたのですが、ずっと営業で頑張ってくれていた人だったのでそれがいいかもしれないとあげることにしたのです。
費用はブランドものだったので数万円はするものだったのですが、本人もブランドものにしたほうが長く使ってくれるはずだからと皆、それぞれお金を出してくれたのでなんとか、購入することができたのです。
渡したのも代表してくれた人が渡してくれたのですが、もう会うことはないからこそいいものをあげたいというのが本音だったのでそこはすごくこだわったことだったのです。
プレゼントなので質のいいものを贈りたいものだったのですが、本人に渡してみると急に涙して喜び始めたので驚きました。
元々、クールな印象の人だったのであまり人前では涙を流さない人だったのですが、意外と涙脆かったことをその時に知ったのです。
本人も辞めることは惜しいと思っていたようなのですが、この職場を離れることになったので寂しいという気持ちもあったので最後にこんなにいいものをもらうことができたことにはすごく喜んでいる様子だったのです。
私も本人の意外な一面を最後に知ることができたので感情に溢れている人だったので思ったのですが、今まで熱心に仕事をしてくれていたのにクールでサバサバしているといったイメージが強かったので初めて見た姿ではあったのです。
連絡先は知っているので今でもたまにメールなどのやりとりをしたりして、連絡することはあるのですが、元気にしているということだったのでよかったのです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.