プレゼントイメージ

先生へのプレゼントについて

私は中学生の時に担任の先生が移動のために他の学校に行ってしまうことが決まったために、クラスのみんなでプレゼントを用意して先生を気持ちよく送り出すことに決めました。
私は先生のことをとても信頼しており、何よりも生徒への面倒見の良かったために、クラスのほとんどの人が慕っていました。
そのため、しっかりと送り出すことはまさにクラスメートの間でも使命のようになっており、プレゼントの内容について検討することにしました。
そうした中、まずは学級委員を中心としてクラスメートの意見を集約してもらい、そのうえで理想的な贈り物を用意することになりました。
中学生ということもあってそれほど高額な贈り物を用意することは難しいために、結局はお花と写真立ての2つをプレゼントすることにしました。
そこで、クラスの有志のメンバーで街中に合ったギフトショップに素敵な贈り物を探しに行くことにしました。
やはり、写真立ては写真の印象を左右するうえでも非常に重要なものであるために、しっかりとした材質のものを選ぶことが重要でした。
そこで、木製のものや金属製のものなどを検討したところ、クラスメートの意見で温かみのある木製の写真立てが良いという結論に達しました。
写真立てそのものは数百円程度のものでしたが、きちんとラッピングをしてもらうことができたので、ぱっと見は非常に高級感が生まれました。
私たちは卒業式の日に先生に贈り物を渡すことを決めていたために、クラスメートのみんなで相談してサプライズを用意しておくことにしました。
また、プレゼントとしてもう一つ用意する花については卒業式の前日にフラワーショップで購入することに決めました。
いざ卒業式の前の日にクラスの代表者がフラワーショップに出向いて数千円のフラワーアレンジメントを購入することにしました。
フラワーアレンジメントは生け花よりも長持ちするために、とても良い贈り物であると感じました。
そして、卒業式の当日に写真立てとフラワーアレンジメントをプレゼントしたところ、先生は感激して涙を流していました。
私たちはこれまでお世話になったことの感謝の気持ちを伝えることができたのでとても満足しています。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.