プレゼントイメージ

女友達に贈る誕生日プレゼント

私には20年以上も誕生日プレゼントを贈り続けている女友達がいます。
学校を卒業して初めて入社した会社の友人ですが、その後は私ともう1人の友人は結婚退職をして、もう1人の友人だけが今も勤務を続けています。
3人とも住んでいる場所も現在の職場も違いますが、毎年誕生日のプレゼントを郵送で贈り続けています。
20年以上も続けていますが、正直品物を選ぶのが面倒になったり贈る手間を考えるともうプレゼントを贈ることを辞めようかとお互いが考えたこともあった筈ですが、今でも続いているのは貰った時の嬉しさや今も続いている友情を大切にしたいからです。
子供ができて子供中心のママ友が出来ますが、子供が大きくなるにつれてその関係も途切れてきます。
そうなるとやはり自分だけの友人がとても大切になります。
現在の職場の友人との交流もありますが、職場の人間関係を考えると本音が言いにくいものです。
ママ友は子供が絡むとややこしいですし、ご近所ということもあり本音が言いにくいものです。
このような事を考えるとOL時代の友人はとても大切な友人です。
会社の愚痴や子供や亭主の愚痴から色んな本音が言えますし、このような女友達が大切な存在ですから、プレゼントを贈り続ける原動力になっています。
同じ年代の女同士なので好みや欲しい品物をわかりやすい部分があります。
自分が貰って欲しい品物なら大抵は喜んでくれるので、時間の余裕ある時に何を贈るか選ぶようにしています。
女友達ですから、鞄や財布などの小物から衣類まで贈るものはさまざまです。
衣類などはアウター類なら大体のサイズがわかれば困ることはありません。
私自身が貰ったプレゼントも鞄やセーターなどが多いです。
自分では選ばないような柄や色合いの衣類は冒険もできますから貰っても嬉しいです。
両親を亡くして憔悴していた私を励ましてくれたのもOL時代の女友達です。
長い付き合いですから色んな事をお互いしているため、色んな相談ができます。
会社の同僚の人間関係に疲れたり、ママ友との言われない中傷などの相談相手になってくれる女友達は気を使わずに一緒に居ることができる大切な存在です。
この間柄を長く続けていけるためにも誕生日の贈り物は感謝の気持ちを込めて贈り続けたいです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.