プレゼントイメージ

我が家の初めての結納

昨年私は入籍しました。
長女なので結婚報告も結納も結婚式も全てが初めてでした。
私だけでなく両親も戸惑っていたと思います。
相手の両親は飛行機でないと逢えない場所に住んでおり、場所で困りましたが私たちの地元まで来ていただけることになりました。
そのため準備はこちらですることに。
親戚や周りの友達で結納をした人はあまりいなくて相談もできない状況でした。
父はおちゃらける性格なので何でもいいよ、任せた。
と私たちに放任。
母と旦那とネットで調べたりお店に相談したりとそれは大変でした。
最初はこだわりもなく、むしろ両家顔合わせのお食事会でいいのではという感じだったのですが調べていくうちにこっちのお店がいい、ここのレストランはどうだろう。
とこだわりがでてくるようになりました。
私たちにとって一生に一度、両親にとっても初めての結納。
やはり良いものにしたいという気持ちは大きかったです。
そしてついに当日を迎えました。
我が家も、相手側も集合時間より大分早い時間なのに同時に到着。
早いですねーと少し緊張がほぐれました。
席についてから私と旦那が家族の紹介をし、お義父さんが挨拶をしてくれました。
当日のことは私も旦那も両親も緊張であまり覚えてないのが残念です。
妹があの時こうだったよーと教えてくれます。
一番冷静だったみたいです。
一通りの話や贈呈事を終え式のことや、両親同士の昔の話をして和やかに終えることができました。
そして最後の最後に驚くことがあったのです。
実は旦那が結婚の挨拶に我が家へ来たとき父は適当にいいよー、こんな娘でよかったらもらって。
どうぞどうぞとおちゃらけて流していました。
予想通りといえばそうなのですがもう少し寂しがってほしいなっていうのが私の正直な気持ちでした。
それを知ってか知らずか結納という場を借り突然話し始めました。
長女ということもあり我儘に育ててしまいましたが我が家の大事な娘です。
至らないことも沢山あります。
しかし自慢の娘です。
どうかよろしくお願いします。
突然のことで私も母もびっくりして何も言えませんでした。
でもすごく嬉しく帰りの車で少し涙が出てきました。
今でもからかって当時の話をしますがそんなことは言ってないと一点張りの父。
そんな父の愛情を感じることができた結納でした。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.