プレゼントイメージ

告白の代理を頼まれたことがあります

私が中学3年生の頃のことですから、もう15年近く前のことになりますが、私は友人に「告白の代理」を頼まれたことがあります。
その友人とは中学に入学した時に出会って意気投合し、親友になって日々のくだらないことや家族のこと、勉強のことなどを何でも話せる仲でした。
私は彼女が大好きでしたし、彼女も私に親愛の情を持ってくれていました。
そんなある日、ふとしたきっかけで、私たちは「好きな人」の話になったのです。
実は彼女はその時、好きな人がいて悩んでおり、私に相談したかったそうなのです。
私は彼女の話に真剣に耳を傾け、力になろうとしました。
しかし、彼女の口から「好きな人」の名前が告げられた時、私は愕然としました。
それは学年で最もモテる男の子で、勉強もスポーツも出来て性格も優しい、皆の人気者だったのです。
彼女はそんな彼に恋をしており、何とか告白したいが、勇気が出ないのだと言いました。
そこで彼女が私にお願いして来たのが、「告白の代理」だったのです。
自分で想いを伝えて直接振られたらショックだから、私にそれとなく自分のことをどう思っているかを聞いて欲しいというものだったのです。
私は基本的に頼まれると「嫌。」と言えない性格で、その時もあっさりと「うん。
いいよ。
彼とは小学校も一緒でよく知ってるから。」と答えました。
しかし、これは私が親友についた生まれて初めての嘘でした。
確かに私は彼と同じ小学校の出身でした。
ところが親しいどころか、まともに会話したのはほんの数回のことで、それ以外はいつも誰かの陰からひっそりと彼を見つめていたのです。
そうです。
皆さんもうお気づきだと思いますが、私の「好きな人」も彼だったのです。
それも親友が彼を好きになるずっと前から彼だけを想って来ました。
それでも私は親友のために勇気を振り絞って彼に声をかけ、放課後の教室で二人きりになって彼が親友をどう思っているかを聞いたのです。
彼が答えるまでの間、それは実際にはわずかの時間でしたが、私には永遠のように長く思えました。
彼がもし「好きだ。」と答えたら、親友と彼は付き合ってしまい、自分の長年の片思いは失恋に終わってしまう。
だからどうか彼が「好きだ。」と言いませんように。
私は心の中で必死に願いました。
と同時に、それは親友の失恋を願うことでもあり、そんなことを考える浅ましい自分に自己嫌悪の念を抱きました。
結局彼は「今は部活のことしか興味ないから。」と言ってその場を立ち去り、緊張の糸が切れた私は思わず夕日の差し込む誰もいない教室の真ん中に座り込んで泣きました。
それから数年後、私の母と彼のお母さんが偶然街で出くわして話をした時、彼はずっと私のことが好きだったという事実を知らされたのです。
もしもあの時に勇気を出して自分の気持ちを素直に伝えていたら。
私は何度も後悔しました。
けれど、今となっては、親友を裏切ってまで恋を実らせるようなことは自分には出来かったのだから、あれで良かったのだと思っています。
そして、私は会わなくなって15年近く経った今でも、彼のことを忘れられずに想い続けているのです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.