プレゼントイメージ

告白を受けた時と告白した時

恋愛においてタイミングはとても重要なことで、過去の私の体験でもタイミングにより恋愛が成功したケースもあれば、タイミングが悪くすれ違ったというケースなど様々です。
最も重要なことは、自分の気持ちを相手に告白するタイミングです。
人を好きになることは好きになる人の自由です。
ただし、告白されても断る自由が相手にはあります。
そのため、タイミングや空気を読むということがとても重要となります。
私は特別女性にもてるタイプではなく、頭も容姿も特別よくはありません。
これと言って抜きん出たこともなく、自分自身でも長所も見当たらない、ごく普通の男です。
過去に6人の女性とお付き合いをしましたが、そのうちに自分から告白して付き合うこととなったのが2人、他の4人は相手のほうから告白をされました。
とりえの無い私が何で、相手のほうから告白をされるのかと言うと、後々考えてみると、自分から気持ちを伝えて相手に比べて、相手から気持ちを伝えられた4人に共通することは、その4人があとの2人に比べて顔やスタイル、おしゃれ感など、私から見て、見た目においては良いということです。
なぜそのような人が私に声をかけて来るかと言うと、この4人は当然私に比べれば恋愛経験は豊富で、声がかかる方が多いです。
その恋愛対象は当然、私のような凡人ではなく、高収入・高学歴・容姿が揃った人を選び、またそのような人から声も掛かります。
しかし、相手の条件が良ければ、女性も選ばれることがあり、さらに飽きられたり、浮気されることも多いです。
そのような恋愛を繰り返している人の場合、多分私のような普通の人が良いと感じることが稀にあるのでしょう。
どちらかと言うと私は尽くすタイプかもしれません。
私は自分のスタイルを変えることが嫌いで、自分と付き合えば高い食事のもてなしばかりではなく牛丼屋さんなどにも行き、相手によっては貧乏臭いと言われたこともあります。
贅沢を覚えた相手に合わせることが出来ない場合は、自分から別れを切り出します。
恋愛経験が豊富で容姿が良い女性でも20代後半から30代前半になるとそれまで以上に異性から声が掛からないことがあります。
そのような人は相手の男性から女性としてしか見られていないため、女性の性格が大幅に出た場合に飽きられる傾向があります。
しかし、もてる女性はプライドが高いです。
プライドが高い女性で自分から気持ちを伝えてくる人とお付き合いした経験から言えば、私の場合その女性の経験人数の1人でしかなく、例えて言えば、ステーキばかり食べていればたまにはサラダも食べたくなると言うように、多分私はそのサラダなのでしょう。
自分にとって真剣でも相手にとってはガス抜きで、ガスが抜けると飽きられるせいか長く続かないことが多いです。
自分から気持ちを打ち明ける場合、容姿だけではなく色々な点で好きになるにため、そちらのほうが良いと考えます。
ただし、断られことのほうが多いため、七転八起の強い精神が必要となります。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.