プレゼントイメージ

妹からの誕生日プレゼント

その年は、私にとって悲惨な1年でした。
外資系のある企業の仕事をしていたのですが、仕事も上手くいかず、途方に暮れていた時期だったので不安と緊張で押しつぶされてしまいそうでした。
そして最終的に会社を辞めました。
自分の無力さと不甲斐無さで苦しかったのを覚えています。
その時上手くいかない事はそれだけではありませんでした。
仕事をやめる前に、付き合っていた女性に浮気されました。
しかも、相手はその女性の会社の上司で50代。
連絡のやり取りが普段とおかしい事から、問いただしたところ発覚。
これは浮気ではないと開き直り、終いには連絡をしてこないし、連絡しても出ない。
最終的にメールで別れを告げましたがその返事もない有様。
人間関係にも嫌気が差した時期でもありました。
古くからの付き合いのある人間に「お前は人がいいから付き合いをしてやっている」と言われ、自分の存在が都合のいい様にしか人には作用してないんだと思いました。
それだけではなく、ほとんどの人間関係で同じ結果になっているのを知って、辛さのあまり涙を流したのを今でも忘れません。
俺は何やってんだろう...このまま行ったら死んでしまう。
精神的に弱り果てていたある日、私の誕生日がやってきました。
大体の友人とは絶縁していましたし、その日は一人で酒でも飲んで映画でも見るかという感じでしたから買い物して、お酒を飲んでいました。
自分の情けなさにお祝いする気力がない私でしたから映画見たら寝るかという感じで1日を終えようといていました。
そんな時、妹が家に遊びに来てくれました。
そして誕生日だからプレゼントを用意してくれたようでした。
こんな俺でも祝ってくれる奴がいるんだと思い、本当に嬉しかった...空けていいかと聞き、空けてみると....パンツでした。
ブランド物のボクサーパンツ。
それを見た瞬間笑ってしまい、今までの悩みがどうでも良くなったのを覚えています。
何買えばいいか分からなかったからパンツならいいだろうと言う事で買ったそうです。
私はその突拍子のない贈り物に心の中にある闇が吹き飛ばされ、心が自由になったのを感じました。
今では自分を大切にして生活しています。
仕事も独立してまだまだやるべき事はたくさんありますがあのプレゼントが無ければ前向きな自分になれなかったかもしれません。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.