プレゼントイメージ

病気で苦しんでいる子供の為に、誕生日プレゼント探し

私の子どもの話なのですが当時、私の子ども大きな病気を抱えており、病院での生活でありました。
家に帰ることは無くずっと病院生活を送るという大きな病気になっております。
毎日にように病院へ通う私でありました。
そんな病院生活は、もう2年にもなります。
先生からは、ほぼ治る見込みのない病気であるということで悲しい状況でありました。
しかし子供の前ではそのようなことは見せずに「早く元気になって家に帰ろう」と毎日話しておりました。
そんな時に子供の誕生日の話をしておりました。
「何が欲しい」と聞き出して、アニメのDVDということで、私はその事を覚えて誕生日にはDVDを買ってあげようと思いました。
そんな誕生日前に私は、子供が希望していたDVDを探しに行きました。
寄りによって限定商品をいってきた子供なので、その商品を探すのに大変でありました。
どこへ行っても無い状態でインターネットで調べたら、地方のお店まで行かないと行けないようなことが書いてあり、私は、地方まで買いに行きました。
実に家から5時間位車を走らせて買いにいかないと行けない場所でありました。
子供の誕生日は明日であります。
私は、自分の仕事を休んでまで買いに行きました。
ようやく着いたお店で希望のDVDを購入しようかと思いましたが、売れ切れ状態でありました。
私は諦めずに探して出したのは、その場所から更に遠くへ2時間程の距離にあるということで買いに行きました。
そこでそのDVDを見つけて購入しました。
時間はもう夜であります。
今から帰って7時間程のかかります。
とりあえず購入出来たので、帰ることにしました。
そんな帰り道に子供の病院から急変したとの話であり、私は、急いで帰るものまだ時間のかかる場所にいました。
急いで帰るにもあと数時間かかるのでとにかく向かうことにしました。
先に嫁が病院にいるようでした。
そんなことで後数時間程の時に電話が鳴り、亡くなったという話でした。
私は自動車を停めて車内の中で号泣の状態になり、DVDは、涙で濡れておりました。
子供の最後に会えなかった、またプレゼントが渡せなかったということで自分に悔しいというか悲しいというかわからなくなっておりました。
その後病院へ行き、私は亡くなった子供に誕生日プレゼントを渡しました。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.