プレゼントイメージ

数年前に夫の還暦祝いをした際のこと

数年前に、夫が還暦を迎えました。
還暦を迎えると同時に会社の定年退職も迎えたので、単なる誕生日のお祝いではなく、「還暦祝い」と「長い間お疲れ様会」を一緒に行う計画を子供たちと立てました。
還暦と言うと、赤いちゃんちゃんこが定番になっていますが、今時そんなものを着せられて喜ぶ人はいないと思ったので、私はプレゼントとして赤いゴルフウェアを用意しました。
普段は赤い服を着ることなどない人ですが、ゴルフウェアであれば、少しくらい派手でも違和感なく着てくれると思い、それを用意しました。
息子や娘がどのようなプレゼントを用意しているのかについては、当日まで私にも秘密にされておりましたので、何も知りませんでした。
還暦祝いの当日、夫の好物のふぐ料理を用意して待っていましたら、夫が帰宅しました。
自分の誕生日のことは覚えていたけれど、まさかこんな準備をしてくれているとは想像していなかったと言って驚いていましたが、とても喜んでくれました。
私からのプレゼントの赤いゴルフウェアを渡した際にも、大喜びして早速試着してくれました。
着てみた印象は正直言って微妙で、買った本人が言うのも何ですが、あまり似合っているとは思えませんでしたが、とても喜んでくれて、次のラウンドの際に着ていくと言ってくれました。
娘が用意していたプレゼントは、とても上等なお財布でした。
まだ学生なので、かなり無理をして買ってくれたのではないかと思います。
父親が毎日使っている財布が傷んできているのが気にかかっていたそうで、バイト料を貯めていい財布を買ったのだそうです。
夫はとても嬉しかったらしく、うっすらと目に涙を浮かべていました。
私も、あんなに小さかった娘が、こんなに大きく成長して、父親にこんな心遣いをしてくれるまでになったのかとしみじみ感じ、感無量の思いがしました。
一方、息子の方は、インターネットで見つけた、夫の名前入りの日本酒を用意していました。
夫の名前がラベルに印刷されていて、それだけでも特別感があったのですが、サービスで60年前の新聞の縮刷版がついていたので、夫が生まれた日のニュースの話題でひとしきり盛り上がりました。
夫にとっては、子供たちがこんな心のこもったプレゼントを用意してくれる人間に成長してくれたことが、何よりのプレゼントになったようです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.