プレゼントイメージ

友人とプレゼントの話

友人というものは、人生の中でも大切な存在です。
自分は幼いころ、仲のよかった友人がいます。
その友人は、多くの面で自分にとって大切な存在でした。
具体的には、中学時代に親しくしていました。
しかし、進学の関係で同じ道に進むことはなかったのです。
昔のことを思い出してみると、わたしはその友人から多くのプレゼントを貰っています。
中でも大切にしているのが、さまざまな思い出のあるノートです。
この中には、昔の記憶が多く含まれています。
自分は苦しい時、こういった過去の友人のプレゼントで励まされることがあります。
大人になったある日、地元で友人と再会する機会がありました。
当然のように、その中にはわたしの大切な友人もいました。
自分は積極的に話をすることができたので、その後も連絡をしています。
そして、時には一緒に遊ぶこともあります。
そういった機会では、過去の贈り物などを見て楽しむのです。
自分はこの瞬間が、人生の中でも特に輝いていると感じています。
なぜなら、昔の友人以上に、自分には大切な存在がないからです。
友人と別れた後は、あまり良い友達ができなかったこともあります。
しかし、常に自分の中には過去の友人の輝いている姿がありました。
これらの記憶が、長い間心の中に埋もれていたのです。
地元での再会は、そうした感情を爆発させるには充分でした。
結果的に、今では友人を昔以上に大切にしており、さまざまなプレゼントを交換しています。
最近になって、自分は重い病気になりました。
この時は入院することになり、家族にも大きな迷惑をかけました。
そして、病院に通ってくれたのが友人だったのです。
友人は昔のように、さまざまなプレゼントを渡してくれました。
こういった助けがあることで、病気は次第によくなっていったのです。
また、友人にも迷惑をかけることには気が進みませんでしたが、それでも病院へは来てくれました。
そして、昔のように多くの品物でわたしを楽しませてくれたのです。
病気が治ってから考えているのは、友人の行為のことです。
友人にも家族はいますが、どこか自分と同じような感じがしていたのです。
後で確認してみると、実際には似たように、大人になってからは友人が少なかったということです。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.