プレゼントイメージ

サンタクロースがプレゼントを持ってくる

子供にとって冬休みは、待ちに待った楽しいイベントが目白押しといった感じです。
クリスマスが来たと思えば、すぐにお正月です。
お父さん、お母さんにとっては少々出費がかさむ季節ですが、子供や家族の喜ぶ顔には変えられません。
お正月と言えば、大みそかに家族で、年越しそばを食べて、元旦に、お屠蘇を飲んで、お節料理にお雑煮を食べるというのが定番ですね。
そして子供達にとって、お正月のメインイベントと言えば、お年玉でしょう。
ウチの娘はまだお金の意味が理解出来ない歳なので、おかあさん、あげるー、と言って、私の所へニコニコ笑って持って来ます。
このくらいの子供が一番可愛いもんです。
上の子になるともう絶対に離さないぞっ、といった感じです。
しかし、これも子供の成長の証だと感じるものなんです。
親の目線に少しずつ近ずいて対等に話が出来る様になるのも頼もしいものです。
今年のお正月はこんな感じでした。
話は前後しますが、ウチの上の子達はもう大きいので、サンタクロースの正体をすでに知ってしまっているのですが、一番下の娘はまだ、サンタクロースが実際にどんなものなのか、誰なのか、どうやってやって来るのか、なにしに来るのか、絵本などを使って説明しても、ピンと来ないようでした。
ただ、プレゼント、なにがもらいたい、サンタクロースがもってきてくれるよ、と聞くと、かわいい、女の子の、おにんぎょうがほしいと、そこだけは、とてもしっかりと答えました(笑)。
主人にそう言って話をしたら、娘には目が無い主人、「俺が、明日仕事帰りに、可愛いお人形、買ってくるよ」と真剣な顔で言うので(笑)お任せする事にしました。
仕事が終わり、おもちゃ屋さんに行った主人から、何度か電話が、かかってきましたが、無事に、可愛い女の子のお人形をゲットすることが出来ました。
クリスマスの日まで、娘に見つからない様に隠しておいて、いよいよ、クリスマスイブの日が来ました。
クリスマスケーキといつも以上に、子供達の好きそうな料理が食卓に並び、楽しいひと時が流れました。
そして夜も更けて来て、そろそろ就寝の時間となり、「寝てる間に、サンタクロースがプレゼント持ってきてくれるよ、早く寝ようね」と、娘になにげなく言ってしまったのが失敗でした。
娘は、サンタクロースという、知らないおじさんが、寝たら来る、という恐怖心の様な感情があった様で、一人で寝れないで、私にしがみつき、それでも、寝たら来るという恐怖で、なかなか寝ないで時間が過ぎました。
睡魔に襲われ限界に達した娘は、深夜1時頃やっとねてくれました。
そしてそっと娘の枕元に、クリスマスプレゼントを置き、夫婦でやり遂げた感を分かち合いました。
翌朝、娘の驚いたような、弾けた声が家中に響きました。

Copyright(c) 2011 present.com All Rights Reserved.